母乳育児.com

母乳育児情報

■母乳の神秘

母乳育児が注目されていますが、それはただ従来の育児の在り方を勧めているだけではありません。母乳には病気を防いでくれる効果が期待でき、赤ちゃんの抵抗力を強めてくれることがわかっています。もちろん、抵抗力を赤ちゃんにつけさせる食品など販売されていませんし、販売されていたとしても副作用などが懸念されます。母乳であれば、栄養素もあり、抵抗力もつけるので、「最初に行なう赤ちゃんのための予防接種」という名称もあるんだとか。

母乳における研究でわかっているのは、初乳と呼ばれる産後2〜3日に分泌される母乳には特に抵抗力に関連するものが多く含まれているようです。含まれているものは、分泌型免疫グロブリン(SIgA)と呼ばれる免疫体です。これが赤ちゃんの抵抗力に直結するのです。赤ちゃんがグロブリンを摂取すると、腸の粘膜に広がっていきます。そして、細菌やウィルスなどに抵抗できる備えができます。それだけでなく、アレルギーの原因の解決にもなり、害があるとされる異種たんぱくの侵入シャットアウトします。

その他にも母乳で育った赤ちゃんは強いと昔から言われていますが、それは本当で、「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の発症率も低いと言われています。また母乳育児をすることで、赤ちゃんの顎の発育を促すことが可能になります。母乳を飲むために、赤ちゃんは最初、四苦八苦しながら、なんとかおっぱいを飲もうとします。

この努力が、赤ちゃんの顎や舌などの発達に繋がり、脳の刺激にもあります。自然と全体的な発育にいい影響を与えることがわかっており、母乳育児を進める医師も多いようです。また顎の発達は、後の正しい歯並びを作る基礎になるとされていますから、重要ですよ。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2014 母乳育児.com All Rights Reserved.