母乳育児.com

母乳育児の基礎知識

■母乳マッサージ

母乳マッサージを皆さまはご存知でしょうか?是非とも覚えて欲しいマッサージですので、詳しく解説していきたいと思います。母乳マッサージの目的は、乳腺を発達させることです。発達は、母乳づくりを促す効果を生み出します。更に、お母さんの体調も良くなる効果も人によって見られるとのことですから、一石二鳥かもしれません。赤ちゃんに安心して母乳を与えるためには、お母さんの体調を常に最善に保つことが大切です。

その為、母乳マッサージは母乳不足に悩みお母さんには最適なマッサージとなります。赤ちゃんにとって十分な母乳を飲ませるケア。これは簡単なようで、難しいことなのです。ケアが不足していると、赤ちゃんが吸い付きにくくなる原因にもなりますし、赤ちゃんにいい環境とは言えません。つまり、上手に飲むことが困難ですから、赤ちゃんは何とか飲もうと無理やり吸い付くようになり、おっぱいに怪我が生じたりします。皮膚が傷ついてしまうと、炎症に繋がる可能性もありますので、注意しましょう。

母乳マッサージは妊娠中(安定期以降)から可能です。時期に入りましたら、ぜひ毎日の習慣にしていきましょう。母乳マッサージは誰でも可能ですから、特に母乳マッサージに詳しい方のアドバイスを聞くことなくできます。専門家が記したサイトなどもありますので、確認してみるといいでしょう。参考になると思いますよ。自分で出来る母乳マッサージを習得すれば、母乳不足になることから改善されます。

ただし、改善されないケースもあります。それは乳腺炎などの疑いがある人です。この場合はマッサージは実践せずに、病院を受診した方がいいでしょう。いずれにせよ、母乳不足を感じたら、医師に相談するのが最適でしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2014 母乳育児.com All Rights Reserved.