母乳育児.com

母乳育児の基礎知識

■コミュニケーションの重要性

赤ちゃんとのコミュニケーションが授乳にはとても大切なことです。ただ闇雲に授乳をしていても、意味がありません。授乳も大切な赤ちゃんとの対話の時間です。それにどんな子も誉めることで育っていきます。最初の頃は赤ちゃんはおっぱいの飲み方に苦戦します。それぞれ個人差があるようですが、なかなか上手く飲めない赤ちゃんもいるようです。

どんな子でも、クチュクチュしながら母乳が湧くのを待ち、飲むようになります。母乳が出るようになると、ゴックンという口の動気をするようになります。ここで初めてお母さんは、オッパイを吸われていることを感じ取ることができるのです。私たち大人からすれば、「やっと飲んでくれた」と思ってしまいますが、相手は赤ちゃんです。これから育っていくわけですから、しっかりと飲めたなら、優しく声をかけながら、褒めてあげましょう。

赤ちゃんといえど、しっかりとお母さんの言葉などは聞いています。たまにテレビなどでも見かけますが、赤ちゃんの頃に親に言われたことを鮮明に記憶している方もいらっしゃいます。ほとんどの人が、親から言われたことを忘れてしまっているだけで、その時点では赤ちゃんなりに聞いているのです。「上手に飲めたね。」だとか、「よく頑張ってるね」といった感じで声をかけてあげてください。

中には豪快にオッパイを飲む子もいて、正にビールを飲むときの喉音のように聞こえるそうです。グビッグビッという音が聞こえたら、お父さん、もしくはお母さんがお酒が好きなことを証明しているのかもしれません。そんな時はどこか微笑ましい瞬間ですし、最高に幸せですね。こういった面白い特徴なども確認すると楽しく母乳育児ができるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2014 母乳育児.com All Rights Reserved.